文京区小日向 リシェント玄関引き戸交換

before
RIMG7016
文京区小日向で、玄関引き戸の交換工事に行って来ました。
今年は、本当に工事をしながら思ったのですが、暖冬ですね。
外の仕事にはありがたいのですが、スキー場で働いている人たちは大変ですよね。
vertical
after
RIMG7026
交換の商品にお選びいただいたのは、LIXILリシェントシリーズ玄関引き戸 ランマ無14型
井桁格子タイプ ガラスはPG仕様 ミルブラウン木目調 タッチキーシステム
玄関引き戸で電池式のキーシステムを装備しているのは、どうゆうわけか?
LIXILの商品だけになります。
RIMG7019
やはり、引き戸もドアも工事のはじめはランマの無目を
カットするところから始まります。
使っている道具は、セーバーソーっと言って電動式の
ノコギリみたいなものです。
RIMG7020
切り取った無目のはじをグラインダーで、出っ張りを
切ります。
この時に、鉄の粉が飛ぶので、当たると結構痛いんです。
RIMG7022
新しい枠の取り付けに入っています。
下枠をコンクリートビスで、固定をしています。
古い枠と新しい枠の間に、水色ぽい板の様なものが
挟まっているのが分かりますか?
これは、調整板っと言って、ビスを閉め込んだ時に
隙間が無くならない様に入れる物です。
色のよって調整板の厚みが変わってきます。
RIMG7025
全ての固定が終わり枠の間に止水材を打ちます。
この止水が一次止水になります。
枠を付けてしまうと見えなくなってしまうのですが、
ここは熟練工の仕事なので、マスキングを行い
見てもきれいな様に処理をして行きます。
RIMG7028
今回の工事の中でお客様が一番気にされていた部分がここになります。
新しい枠は古い枠より外に出っ張るので、階段の横の部分に干渉することは、工事前から分かっていました。
そこをカットサンプル部材で、事前にお客様にはどの様な現地での加工を行うのかを相談させて頂きました。
RIMG7029
室内側も同じように、框が内額縁との干渉が有ります。
ここも同じように、事前にご報告済の作業になります。
レールの室内側には、沓摺段差緩和材を使いました。
黒い部分が緩和材になります。
f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2

今回採用をして頂いたリモコンキーは、カバンの中にリモコンを入れて置いて
頂き、玄関引き戸に付いているボタンを押していただくと、カギが開くようになっています。
荷物を持ちながらでも、カギを開ける事が出来るので、かなり楽ですよね。

工事担当 市塚・正木
工事は、1日ゆっくり時間を頂けたので、しっかりと工事が出来ました。
良く色々なお店の書き込みを見ると、半日で取り付けたとか3時間で終わった
等を沢山見ますが、早ければいいのですかね?
1日ゆっくりとしっかりと工事をした方が、お客様も安心してもらえるんじゃないかな?

(有)中沢硝子建窓 https://www.ngk-door.com   https://mado-reform.com
東京都足立区保塚町8-29  TEL0120-05-5453
#リシェント玄関引き戸 #玄関引き戸交換 #玄関引き戸工事