YKKAPドアリモシリーズ  世田谷区|O様邸

door_setagaya1
▶アルミ S02p
▶ランマ無親子
▶外額縁-100 内額-大
▶ポケットキー

▶価格 非公開

今回の既存ドアは、川口技研のアルキングになります。このドア枠が少しやっかいで、次の写真に出てくるのですが、
普通の枠形状より上枠が大きいので、通常の額縁だけでは隠し切れない商品なのです。
対処方法は、その大きい枠をカットして撤去をするか、新しい枠と同じ色の面材で綺麗に隠すかになります。
今回取った方法は、面材で隠す方法を選びました。室内の収まりによって、施工の方法は異なってきます。

before
door_setagaya2
工事スタート!
タテ枠と上枠を比べて頂くと、枠が大きいのが分かるかと思います。このタイプの枠を見ると、他の業者さんだと施工を嫌がる業者さんも居ると聞きます。今や沢山の工事店が、玄関ドアや窓のカバー工法工事を行う様になりましたが、だからこそ問題が起きている事も現実にあります。
弊社は、社内やメーカーと施工事例の共有や今出ている商品の改良及び開発に携わっているので、常に新しい事を取り入れながら施工をしています。

horizontal
after
door_setagaya3
完成です!
お庭には、手入れが行き届いた木々が綺麗に立ち並んでいて、木目調のドアと色合いが凄く綺麗に見えます。 やはり、この写真を見ていると玄関ドアは家の顔だなーっと思います。

door_setagaya4
ポケットキーって何?
現在、ドアリモシリーズには、電池式の電池錠と電気式の電気錠があります。基本は、リフォーム工事なので、電気配線がいらない電池錠を使う方が90%います。リモコン式の物で、ハンドル部にタッチをして、カギを解除するタイプと、カード式になっておりハンドル部にカードをカザス物の2通りがあるので、お客様のスタイルで選ぶことが可能です。

リモコンキーが凄く気に入りました。もっと早く工事をすれば良かった。
まさか、後から付け直したドアには見えなくて良かった。
個人的には、凄く好きな見え方です。やぱっり、玄関先にガーデニングが出来る家に憧れたしまいます。