あなたの知らないドアの世界-LIXIL

 
link_1
link_2
link_3

LIXIL リシェント玄関ドア

やはり、日本でNO、1メーカーはLIXILかと思います。
少し前は、TOSTEM(トステム)でしたが、INAX・サンウエーブ等を吸収合併して、住生活グループの設立を行い、2015年にLIXILに社名変更。
このロゴも鹿島アントラーズのスポンサーはもちろん、テニスの錦織等のスポンサーも務めています。
今や国内のビック企業に、設立当時は葛飾の川沿いの建具屋さんがこんな大きな会社になるとは、あの頃は誰も思っていませんでした!
何で知っているかと言うと、自分の父親の実家がその建具屋裏だから、当時の事を良くしっているからです。
そんな話はさておき、ドアの話をさせて頂きます。
少し前までは、アルミだけのドアが主流でしたが、現在はドアの間に断熱材が入っているもの、枠の中に断熱絶縁体が入っている物などが主流になりつつあります。
1DAYリフォームって聞いた事ある方も多くいるかと思います。
まさに、今私が説明をしようと思っているリフォームドアの代名詞にもなった1DAYリフォーム。
その中のリシェントは、国内の60%のシェアを占めている商品になります。
lixil_1
これからは、僕たちが説明をします。
まだ新人なので、優しく見守ってください。
lixil_2
この図が、断熱性能を表している物になるんだ。
右のドア断面は、何にも入っていないのが分かるよね!!
左に行くに従って、断熱材がはいるんだ!
更に、左の2台は枠の中に、サーマルブレーク構造といって、外の熱がアルミを通して室内に入らない様になっているんだよ。
このサーマルとは、当時にトステムがサーマルと言って、高性能サッシの先駆けになった商品の名前なんだよね。
ガラスにもこだわりが有るって知ってるかな?
通常の物は、1枚の防犯ガラスを使っていて、防犯面に気を使っている商品だけで、断熱ドアは、複層ガラスから始まって、高断熱複層ガラスまで有るんだよ!
この高断熱仕様のリフォームドアは、LIXILにしかない商品だから、他を探しても見つからないよ。
lixil_3
カラー
次は、色の話をしようかな!
やっぱり、ドアの色もメーカーNO,1の豊富な色が特徴のリシェント。
木目13色にアルミ色4色で、使えるドアにも制限が有るんだけど、これだけの色があると色々と迷っちゃうよね。
今のドアと同じ色にするのも良いけれど、思い切って違う色にするのもお勧めだよ!!
だって、玄関ドアは家の顔だからね。
lixil_4
全種類ではないけれど、この種類だけでも色を決めていくと凄い数になるよね。
その他にも、ハンドルの形や色に、カギの種類も決められるんだから、選ぶ楽しさがあるのがLIXILの特徴かな。
lixil_5
ハンドルは、手動錠のものと電池錠の物は形状が違うんだよね。
電池錠のS型ハンドルは、カギ穴が見えない仕組みになっていて、いたずら防止や鍵穴にゴミが入らない様に工夫がしてあるんだよ。
今のカギは、高性能だから交換をすると高いんだ。
ドアの色や形に合わせて、ハンドルを選んでね。

LIXIL 玄関引戸

玄関のドアだけが、リシェントではないのです。
もちろん、玄関引戸も皆様の為にご用意をさせて頂いているんです。
LIXILなら電池錠タイプの玄関引戸もございます。
この商品に関しては、かなりお勧めをしている事もございます。
ご年配の方々が、カギを締めるのに苦労をしている事を考えた事が有りましか?
簡易タッチキーを使えば、カギの開け閉めが楽になること間違い無し!!
lixil_7
簡易タッチキーは、カバンの中に専用リモコンをいれたままで、簡単に開閉が可能です。
カザスシステムは、カードキーをドアのセンサー部分に当てると開閉が出来ます。
無くしても安心です。
センサー部分にリセットボタンが設置してあり、手元にあるリモコンだけを再設定すれば、無くしたリモコンでは開閉が出来なくなるのです。
新しいリモコンが手元に来たら、全てのリモコンを再設定すれば開閉可能に。
もちろん、従来のカギでも開閉は出来ますので、電池が無くなった時には、カギで開けられます。
lixil_8
lixil_9
lixil_10
取手も大型ハンドルの用意があるから、開け閉めが楽に。
室内側は、収納手掛けって言う便利な機能が有るんだ、普段は平になっているんだけど、使い時には飛び出て来て引戸を開けるのに楽なんだ。
ドアのスタイルによって、ハンドルの色も変えられるよ。
リシェントには、3通りのドアから構成がされているのをご存知でしょうか?
始めに、玄関ドアになります。
玄関ドアの交換理由は、開閉が上手く出来なくなった。
ドア本体と枠が擦れて締めるのに固いとか重いが多く聞かれます。
締りが悪いので、カギが掛からなくて防犯が不安になった。
これらは、初期症状であれば簡単に直すことが出来るんですが、中々その時点で、ご連絡を頂けることが少ないです。

次は、今紹介中の玄関引戸です。
昔は、新築工事の時に沢山納品をしたのを覚えているのですが、近年は、都内では大きな家にしか納品をする事が無くなってきましたが、片引きドアが今は新築時で使われる事が多くなってきています。

家の形もモダンになって来ているので、従来の引戸よりも受け入れやすいのかも!!
しかしながら、沢山の引戸が使われている事も間違いではありません。
引戸は開口が広く取れるので、バリアフリーには最適です。
だけど、何処に調子が悪くなった引戸を直すのに頼んで良いかが分からない?と言う声が良く聞かれます。
そんな時にこそ、弊社((有)中沢硝子建窓)の様なドア・玄関引戸交換のスペシャリストがいる事も忘れないでください。
最後は、今の家にはほとんど見る事が出来なくなった勝手口ドアです。
従来は、光も入らない木で出来た勝手口ドアが、今や風も取り入れられるし、光も沢山入る様になり、暗い勝手口がぱっと明るく出来るのです。
今まで日に当たる事が無かった勝手口ドアをこの後にご紹介いたします。

話が少しそれてしまったのですが、玄関引戸も沢山の色や形が選ぶことが出来ます。
lixil_11
lixil_12
従来の伝統的な形はそのままで、現代にあった玄関引戸も沢山あります。
玄関引戸のお使いの方は、我慢強い人が多いのかほとんど連絡が来ることが少ないです。
お伺いをした時には、本当に動かなくなっていたり、カギが完全に壊れていたりして、ほとんどがリシェントでの交換になる事が多いです。
lixil_13
玄関引戸の色は木目6色。
アルミ色は4色の用意があります。
個人的には、墨色が大好きです。

いかがですか?玄関引戸もリフォームが簡単に出来る事が分かっていただけましたか?

玄関は、家の中で一番外から見られている場所、必ず1回は開け閉めをする場所ですよね。
だからこそ、デザインや防犯性能が高い物がお勧めなのです。
今まで開けにくい引戸も、リシェント玄関引戸で1DAYリフォームを考えてみてはいかがでしょうか?
既存の枠を残して、その中に新しい枠を取り付けていくので、壁や床は壊さずに施工が出来ます。
「行ってきます」から「ただいま」の時間で工事は終了。
翌日からは、リモコンキーでカギの開け閉めが可能になるので、両手に荷物をもっていても、楽々解除が出来るんです。
lixil_15

アプリを使えば、事前にドアの形の確認が取れます。
商品が初めに分かっていれば、見積りもアッという間に出来ちゃいます。
1度お試しを。

LIXIL リフォーム勝手口ドア(通風タイプ)

毎日、お母さんが美味しいご飯を作ってくれる場所は?
そうです、台所ですよね!!その台所の勝手口ドアが風も通せたり明るくなったりするドアに交換が出来るのです。
今度の母の日に、勝手口の工事をプレゼントしてみたらいかがですか?
この通風勝手口ドアは、ドアの中に上げ下げ窓の様な物が付いており、上下に稼働をするので、ちょうど良い所で止める事が可能なのです。
さらに、外部には網戸と格子が付いているので、ガラス部分を開けたままでも防犯性能はばっちりです。
lixil_16

勝手口の仕様は、ハイブリットタイプの外部がアルミで、内部が樹脂になっている断熱仕様と、内外アルミのタイプがあります。 ガラスも断熱性能が高い物や防犯性能が高い防犯ガラスもご用意がございます。
夏場は、生ごみの匂いがこもりやすい場所も、ドアを開けずに風が通せるので、1年中快適になる事は間違いなしです。
さらに、ガラス面が広いので光も沢山取り入れる事が出来ます。
lixil_17
lixil_18

勝手口のドアが断熱性能を高めると、冷暖房費の削減にもなるのです。
一番熱の出入りが激しいのは開口部なのです、そこをハイブリッド建具を入れる事で、熱の損失を抑える事が可能です。
せっかくリフォーム工事でキッチンは新しくしたけど、勝手口がそのままでは何だかかわいそう。
ドアもインテリアの一つ、キッチンもこだわって工事をするなら勝手口もこだわってみたら?
lixil_19
いかがでしたか?
LIXILの玄関カバー工法シリーズリシェントは、今や玄関ドア等は1日で工事が出来てしまうのです。
昔は、壁を切って床を壊してからドアの取付けを大工さんが行っていました。
ドアの取付けが終わったら、左官屋さんが壁と床の補修を行い、塗装屋さんが壁を塗りに来て、室内はクロス屋さんが室内壁の補修を行い、お客様に引き渡しになっていました。
工事日数は4日程かかり、職方は5社くらいはいるので、物凄く高い工事になっていたのは間違い無かったです。
それが、この商品が出てからはサッシ屋一件で1日の工事で終わってしまう様になったのです。
正直、10年前には考えられない事でしたが、こんな簡単になるとは!!
その他にも、LIXILからは沢山のリフォーム商品が出ているので、色々な組み合わせが出来て自分だけのオリジナルリフォームが出来ると思います。
まだまだ話したいことが有るのですが、また次回に致します。
lixil_20
(有)中沢硝子建窓  https://www.ngk-door.com
TEL 0120-055-453