あなたの知らないドアの世界

5ef71942090dcfe89b4bb89a8f2de08d
皆さんは、ドアって何なのかを考えたことはありますか?

ドアと言っても、一重に全てを語る事は物凄く難しいことなのです。

扉・ドア・戸・引戸・折戸・回転扉・引込戸・自動ドア等と上げればきりがない位に沢山あるのです。

その中でも、親しみがある玄関ドアは近年になり目まぐるしい進化をしているなかで私達はその中でもリフォームドアをご紹介していこうとおもっております。
リフォームドアの話をする前に、少しだけドアの話をさせて下さい。

現在、日本国内では玄関ドア・玄関引戸・勝手口ドアの3種類が外壁面に接して付けられています。
建物の中では、木製建具をはじめにアルミ建具等の新建材が使われている事が多いです。

始めに、玄関ドアや玄関引戸等は木で作られていた事が一般的だった頃に比べると、今ではアルミのドアが一般的になってきました、これは少し前に今のLIXILの前身である。
日本建具工業社が1949年設立をして、この頃から今の形のドアや玄関引戸が少しずつ発売をされてきたみたいです。
本格的には、東洋ドア等の4社合併によってトーヨーサッシが出来て、アルミ建材の販売がここから進化が進んでいきます。
この頃に、YKKAP(1957年設立)三協アルミ(1960年設立)今あげている3社が現在の日本国内での90%以上を販売している会社になります。
当時は、物凄い数のアルミサッシメーカーが散在をしており、吸収合併をしたり潰れてしまった会社も多くある事は間違いありません。
その頃は、日本も戦後の中で、沢山の家を作る事が目的としており、性能よりも生産がメーカーとして重要な事だった事は間違い有りません。
数十年後に、今の様な高性能な商品等当時は考えられなかった事でしょう。
もしこの頃に、未来を見据えてしっかりとした商品を作っていたら、より快適な家が出来て、30年位で建て替えをしなければならない、家は出来ていなかったと強く思います。

玄関引戸は、従来の日本古来の出入り口で、江戸時代には今の形が出来ていたと言われます。
勝手口ドアに関しては、昔の台所からゴミを家の外に出す為に使うドアだったので、なんとなく薄暗くて汚い感じがしてしまいます。
これらのドアは、今や断熱性能の優れたドアに交換が出来る時代に成ってきたのは間違い有りません。

さて、この先はそれらのドアの仕組みや違いにメーカーのこだわりをお話させて頂きます。
このドアの話は、あくまでも私の私見で話をしていますので、クレームは受け付けません。

メーカーのこだわり

l_lixil
詳しくはこちら
l_ykk
詳しくはこちら
l_arumi
詳しくはこちら