ドア部品 その7 耐震丁番

before
もしもの時に活躍する縁の下の力持ちとは、この商品の事を言っているこの様です。
普段は、ドアと枠をつなげている丁番を気にする人はほとんどいないかと思います。
そんな気にもされない部品が、万が一の時に活躍をするのです。
after
地震の時に、枠がゆがんでしまうとドアと枠がくっついてしまい、開けることがかなり難しくなってしまいます。
しかし、耐震丁番に交換をするだけで、驚くほどにドアの開閉が出来るようになります。
mec01
耐震丁番の特徴は、丁番の中に強力なスプリングが内蔵されているのです。
枠が下に歪んでしまった時は、スプリングがちじんで上の枠とドアの上に隙間を作ります。
mec02
枠が上に上がってしまった時は、スプリングが伸びて下の枠部分に隙間を作るのです。
丁番内のスプリングを利用して、開閉が出来るように、枠とドアに隙間を作ってくれるのが耐震丁番です。
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Mqrh4io2XU4" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
main_pc
今回は、耐震丁番をご説明しましたが、丁番だけでは無くカギやドアガードの同時交換も必要です。
付属部品もあわせて、ご説明をしているブログがありますので、ご確認お願い致します。
今は大丈夫でも万が一の時に力を発揮します。

(有)中沢硝子建窓  https://www.ngk-door.com
東京都足立区保塚町8-29 TEL0120-05-5453
#耐震丁番 #耐震ドア